通気性の悪い革靴によって水虫になりました

学生の頃、学校指定の靴を履かなくてはならないことから、雨が降っていた日でも指定の靴を履いて学校に行きました。
指定の靴はよくありがちな革靴であり、メーカーの指定がなかったことから購入先のお店によっては若干のデザインの変化があったものの、特別な柄もないシンプルで黒だったことから、通気性もないことも手伝って雨の日が続きますと靴の中が湿っていました。

雨が続いている日に同じ靴を履きますと、靴の底が濡れてしまうのも早く、学校に到着することには靴下も濡れてきてしまいました。
簡単に脱ぐこともできないことから濡れたまま1日中履かなくてはならなく、靴下の中は湿った状態なので水虫になってしまう環境が出来上がっていました。

足が痒くなってしまいポリポリと掻いてしまいますと、ぷっくりと膨れ上がった水泡から皮がめくれてしまい、同時に水が出てきてしまった。
そこで水虫の薬を付けて、足を乾燥し清潔な状態を保てば、早くに完治します。
しかし初めて水虫になり、女性の場合は水虫=不潔というイメージが強いことからなかなか認めることをしなく、再びポリポリと痒みに任せて掻き毟ってしまったので、水虫が広がってしまい、足と足の間は水虫に侵されてしまいました。

水虫は広がってしまいますと完治するまでに時間が掛かりますので、入浴するたびに足をしっかりと洗ってから薬を付けて、靴下を履かないで通気性を保った状態にしないとならないですが、学校に通っている間は難しいだけではなく、思春期に突入していましたので他の人に足を見られることを酷く嫌い、他の兄妹に指摘されるのも嫌だったので、母親以外はできるだけ隠し通していました。

通気性が悪い革靴と家の中でも靴下を履いていたこともあって、水虫が完治したのは発覚してから半年以上経ちました。
思春期に入っている若い年齢に水虫になったことは、最初はショックでしたがその後何度も水虫になってしまったので、そのたびに対処もできるようになり、雨が多く降りやすい梅雨時にはならないように対策することもできるようになりました。

水虫は手にも感染する!水虫用石鹸で手を洗おう!

爪水虫は爪自体に白癬菌が貯蔵されるため感染力が高くなります。水虫にならないためにはしっかりと足を洗うことが大切です。家族の中に水虫の人がいるとトイレのスリッパを共有したり、バスマットを共有することで水虫に感染させてしまいます。一人暮らしの場合は問題ありませんが、人に水虫を感染させないように注意しなければいけません。また水虫は完治するまでに時間がかかり、特に爪水虫は爪が生え変わるまでしっかりと治療しなければまたすぐに再発したり、爪から他の部位へ水虫を感染させてしまうことになります。またその間ずっと家族に移さないように対策を取っていかなければならないため、家族にとっても大変なことです。

また足の水虫が手や他の部位に感染する恐れもあります。手荒れかと思ったら水虫だったということもよくあるのです。手が水虫になってしまうととても厄介です。手はいろいろな場所を触ってしまいます。扉を開けるのに触ってしまうドアノブやリモコンから家族に感染させてしまったり、公共施設を利用して見ず知らずの人を感染させてしまったりします。

では手に水虫を感染させないためにできることはないのでしょうか?

普段あたり前にしていることをちょっと変更するだけで予防になるのです。毎日皆さん手を洗いますよね。その手を洗う石鹸を水虫専用の薬用石鹸に変えるといいのです。普通の石鹸や薬用石鹸では効果が薄れることがあるので、水虫専用のものを使うことがポイントです。水虫は白癬菌が付着してから24時間後に水虫になります。24時間経過する前にしっかりと菌を洗い流すことが大切なのです。

水虫は指の間にできやすいものです。また爪の間や爪の生え際もしっかり洗うようにしましょう。

そして水虫のできやすい場所として冷えやすい個所があげられます。冷えて血行が悪くなると血液からの栄養が十分に行き届かず免疫力が下がってしまいがちです。水虫にならないためにも日ごろから血行を良くしておくことが大切です。血行促進の為に空いた時間に足の指をマッサージしたり、こまめに指を動かしたりするようにしまうしょう。水虫に限らず、どんな病気にも冷えは大敵なのです。

水虫の原因である白癬菌に感染してしまっても、すぐに水虫になるわけではありません。しっかり水虫用石鹼で白癬菌を洗い流すことで水虫を予防できます。家族の中に水虫を患っている人がいる場合、しっかりと自分で予防していくことも大事なのです。