あなたは大丈夫?意外に知られていない水虫の症状

家族の中に水虫の人がいると水虫になる確率は高くなります。私も父親が水虫なので、一度足の指がかゆくなり皮がむけだしたことがあり、皮膚科を受診しました。しかし、実際水虫の検査をすると水虫ではありませんでした。もしかして私って水虫かもと思った時は医師の診断を受けることが大切です。違う可能性もあるのです。

では実際水虫になるとどのような症状が現れるのでしょうか?

主にあげられる症状は3つあります。中でも一番多いのが足の指の皮がむけたり、赤くはれたりする趾間型の症状です。痒みを伴うのが特徴です。皮がむけてジュクジュクし赤くただれることがあります。細菌の二次感染により足全体が腫れてしまうこともあるため注意が必要です。

次に小水疱型です。字のごとくたくさんの水ぶくれが現れます。足の指にとどまらず足の裏や側面にできやすいとされています。水ぶくれのところが赤く腫れ上がったり、小さな水ぶくれが集まって塊になるとかゆみも増します。初期の段階では水ぶくれが小さく気付かないことがあり、そのまま放置してしまい症状が悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

水ぶくれが割れることにより、水ぶくれの汁が出ますが、この汁には水虫の原因である白癬菌は生息していないので触れてしまっても感染する恐れはありませんので安心してくださいね。

そして最後のひとつが角質増殖型です。足の裏の角質全体が分厚く硬くなる症状です。またガサガサしてひび割れることもあります。この症状は一見水虫だとわかりにくいため見落とす人が多くいます。またかゆみが水泡もないためただの乾燥だと思ってしまう人も多く、その間に人にうつしてしまうこともあるため注意が必要です。剥けた皮が落ちて家族に感染させてしまったということもよくあるのです。

水虫の症状には上記のようなことがあげられますが、水虫に気付かなかった、気づいたけど忙しくて放置してしまった場合、水虫が悪化してしまい治りにくくなってしまいます。また足から爪や手などの他の部位に感染してしまうこともあります。爪に感染してしまうと爪の中で白癬菌はどんどん増殖していきます。爪に感染すると治りにくいため出来れば爪には感染させたくないところです。

水虫の症状は一般的に有名なジュクジュクになったりかゆみが出たりする以外の症状もあります。痒くないから大丈夫と思わず、もしかして水虫かも・・・と思ったら病院を受診することが必要です。大丈夫と思っている間に家族や恋人にうつしてしまったら大変です。白癬菌は感染力が強いため早期発見、早期治療を心掛けましょう。