ある日、足の爪がボロボロになる恐怖 それが爪水虫

私が爪水虫になったのは、高校でテニス部に入部してハードな運動を始めてから発生しました。テニスはボールを追いかける動作が多いスポーツなので、全力で走って急に止まる動作を繰り返し行っていました。ある日、足の爪を切っていると親指の爪が前より分厚くなったように感じました。それだけではなく、爪の色もくすんだ茶色になっていることに気が付いたのです。

まさか、水虫だとは考えなかった私は、テニスで繰り返し行う動作が足の指先に負担をかけているから、足の爪が強くなろうと進化しようとしているのかな?と良いように解釈してしまったのです。また他の同級生より太り気味だったので、体重が重い分足にかかる負担も大きくなるんだなぁ・・と考えていました。

その後も、テニスを続けていくと足の爪の症状は悪化していきました。靴下を脱ぐたびに、分厚く横に凹凸ができて、色のおかしい足の爪をみると爪が悲鳴をあげているように感じました。
私は、爪が原因でテニスを続けられないかもしれないことが頭を過りました。当時は爪の悪化よりもテニスを続けられないかもしれない方がショックが大きかったです。

これ以上悪化しないことを願って、靴下を運動用の厚手の物にして騙し騙し部活を続けましたが、今、爪水虫で検索をすると初期状態がテニス部に所属していたときの自分の爪の状態だと分かったのです。そこで私は「何だ、運動の負荷が爪に影響していたのではなくて水虫が原因だったのか。しかし何故、爪水虫なんかになってしまったのだろう?」と疑問に思ったのです。いくら運動をしていたからといって、毎日お風呂に入っていたし毎日違う靴下を履いていたのに、何が悪かったのでしょうか。

調べてみると、湿気が高い場所で原因の菌が繁殖しやすいため、風呂場や夏場のスリッパに注意しないといけないということが分かりました。考えられる原因としては、運動を始めたのであれば足の爪のように凹凸のある個所は念入りに洗う必要があったということと、テニスコート用のテニスシューズを清潔に保っていなかったことが原因だと思います。2~3足くらいシューズを用意して、ローテーションで洗って靴に菌が繁殖するのを予防する工夫はするべきだったと反省しています。その後治療薬を探し求めてネットサーフィン。クリアネイルショット 2chを見て、当該商品を購入。少しづつ改善していっている現状です。

現在は、部活のようにハードな運動をすることはないので爪水虫に悩まされていないです。爪水虫は治るのに、とても時間がかかるそうです。そういえば、私の爪の変色が治ってきたのも1年後くらいだったと思います。治るのに長い時間をかけるより、日々の入浴タイムに念入りに足を洗ってみる方がラクではないでしょうか。具体的には、飲食店に衛生維持のために置かれている爪ブラシを用意して爪や足裏を念入りに洗ってみるのも良いと思います。

アルコールが原因の水虫って?

胸痛でもがき苦しんでいる人に出くわした時に最も必要なことは、キビキビした行動だと思われます。直ちに救急車を要請し、AEDが周囲にあれば心肺蘇生法に取り組むようにして下さい。
たくさんの女性が頭痛の種になっているのが片頭痛なんだそうです。消えることがない痛みは、心臓の鼓動に応じるように繰り返されることが多々あり、5時間から3日位断続するのが特性だとのことです。
自律神経失調症に関しては、生まれた時から敏感で、プレッシャーに弱い人が陥ってしまう病気だと言われています。ナイーブで、些細な事でも気に掛けたりするタイプがほとんどです。
インフルエンザウイルスに感染することで、発症する疾病がインフルエンザというわけです。関節痛や筋肉痛、高熱がなかなか下がらないなど、多様な症状が予定外に現れてきます。
身体の何処を見ても、異常はないと思っているけど、手・腕だけが浮腫んでいるという方は、血管狭窄が影響している循環器系の異常であるとか何らかの炎症が起こっているのでしょうね。
どうして虫垂炎に罹患するのかは、相変わらずパーフェクトには説明できないようなのですが、虫垂の内部に粘液や便などが詰まり、そこで細菌が増殖することで、急性炎症が生じる病気だという見解が大勢を占めます。
実際的には思いの外熟知されていないのですが、ぜんそくを看過していけないのは、生命が失われてしまう危険性のある疾病だと知られているからです。一年の間に、おおよそ2000人の罹患者が、ぜんそくの発作で終焉を迎えているそうです。
アルコールが誘因の肝障害は、一瞬で現れるものではないと言われます。だけど、何年も大量の酒を飲み続けていると、その量に匹敵するかのように、肝臓は負担を強いられることになります。
鼻水ばかりが出るという症状に苛まれていませんか?何もせず放っていると、更に悪化して合併症をもたらすことも想定されます。心配な症状が見受けられたら、クリニックなどにて足を運びましょう。
筋肉の過緊張とか頭部の血管が拡張したりすると、頭痛を起こすことが多々あります。更には心的な平静、生活状況なども影響して頭痛が発生します。
糖尿病については、常日頃から予防が欠かせないと言えます。それを実現するために、食するものを古くからの食事にスイッチしたり、無理のない運動をしてストレスをなくすようにしましょう。
糖尿病と言いますと、インスリン生成が困難な「1型糖尿病」もあると聞きます。こっちは自己免疫疾患だと言われていて、遺伝的な要因がそれなりに影響していると発表されています。
ちょっと前までは成人病とも呼ばれていた糖尿病とか高血圧などの既往症を持っていたりすると、その事がきっかけとなり脳卒中に進んでしまうこともあると聞きます。私達日本人の25%と言われている肥満もその可能性大です。
腹が張るのは、大体便秘あるいは腹部にガスが溜まるからだと言われます。こういった症状に見舞われる原因としては、胃腸が機能低下を起こしているからだとのことです。
突如足の親指をはじめとする関節が腫脹して、我慢できないほどの痛みがもたらされる痛風は、男の人達が主に罹る病気なんだそうです。発作が起きると、簡単には歩くこともできないほどの痛みが続くそうです。

冬場も危険!こたつは水虫が好む環境!

足の爪は手の爪に比べて伸びるのが3倍遅いと言われており、爪水虫を発症すると治療に時間がかかりとても厄介な病気です。爪水虫はかからないことに越したことはありません。日常生活の中で予防していくようにしましょう。

水虫の原因のひとつに足の汗があげられます。白癬菌は湿った足の指にできやすく、足が湿気や汗にさらされる夏は特に水虫にかかりやすい季節といえます。またプールや浴室を使用する機会が増えることによって感染症にかかる可能性も増加します。水虫は湿気で簡単に増殖しますので、この季節はプールのマット、ジムのシャワールームなど水虫に感染する危険がいっぱいです。こういった誰もが裸足で歩く場所はなるべく裸足にならないようにすることも予防に繋がります。そしてシャワーを浴びた後は足が濡れていたり、汗をかいていたらしっかり乾かすようにしましょう。夏場は水虫にかかりやすい季節です。特に爪水虫は爪の色が変わってからしか気づくことができず、爪水虫かな?と思った時にはすでに爪全体に変色してしまい治療に長期間かかるということになります。完治までに時間がかかるため、爪や足の指を普段から注意深く見ることでその変化に気付けるようにすることも大切です。また家族の誰かが水虫を患っている場合も、ちょっとでも指や爪に変化が現れたら病院を受診するようにしましょう。何事も早期発見、早期治療が重要です。

また冬場も安心してはいけません。よくブーツを履く女性を中心に水虫が広がっているとニュースで聞いたことがあります。確かにブーツの中は白癬菌が好むような湿気や汗があり、菌が増殖しやすい環境と言えます。しかしブーツ以外にも危険な場所があるのです。それはこたつです。こたつって温かくて毎日ぬくぬくと入っているけど、なかなか掃除ってしていないもので、菌が好む環境なのです。また中は高温多湿。一緒にこたつの中に入っている人の中に水虫の人がいれば、さらに足が触れることで感染してしまいます。

冬場は水虫になりにくいと思われがちですが、こたつを最低でも週1回掃除するようにしましょう

。家族に水虫患者がいる場合は、薬を塗って靴下を履いてもらうと感染しませんので安心してくださいね。

水虫は一度感染してしまうと完治するまで、再発を繰り返してしまいます。家族に移す可能性もあるため、根気強く治療をすることが大切です。完治するまで家族に協力してもらいうつさない環境つくりを徹底しましょう。

 

水虫は遺伝する?家族に感染させないために注意すること

女性も男性もできれば水虫になりたくありません。「お父さん水虫なんだけど、私は大丈夫かな?」と遺伝を心配する人がいます。そう質問される水虫は白癬菌に感染する病気なので、遺伝の心配はありません。しかし水虫って夫婦間では感染しにくいですが、親子間では感染しやすいと言われています。その理由は水虫になりやすい体質や体型の遺伝にあります。水虫自体は遺伝しないものの、汗っかき、足の指が密着している、脂性など優性遺伝するものがあります。片親が水虫だと、子供が水虫になる確率は2分の1で、さらに両親ともに水虫の場合さらに確率が上がります。両親が水虫の場合、私なっちゃうの?と不安になってしまいますが、両親がともに水虫であっても、白癬菌に触れなければ水虫になることはありません。

しかし、一緒に生活していると家族から水虫の原因である白癬菌に接触くする機会が多々あります。例えば、家族で使いまわしているスリッパや家族共有のバスマット、タオルなどから感染する恐れがあります。私自身も父親が水虫でバスマットから感染するのではと心配しましたが、家族で使うものをいちいち分けるのは難しいですよね。我が家は父より先にお風呂に入りバスマットを先に使用することで感染することはありませんでした。そういった風に工夫することも大事ですね。

またタオルやバスマット以外に家のほこりの中に白癬菌がいることがあります。床や畳やカーペットをこまめに掃除して清潔に保つことが大切です。

また「同じバスマットを使っちゃった~!」ということになっても大丈夫です。もし白癬菌に感染してしまっても、角質層に侵入してこなければ水虫になりません。白癬菌に感染して角質層に入ってくるまでに少なくとも1日かかると言われています。しっかり足を洗い、こまめに清潔にしておくことで、予防することができるので安心してくださいね。

ここで一つしっておいてほしいのが、白癬菌は足に感染すれば水虫ですが、この白癬菌とても感染力が強いことで有名です。そのため、足の指以外にも感染することがあります。頭部に感染すればシラクモ、体部に感染すればゼニタムシ、股部に感染するとインキンタムシと言われています。家族に水虫の患者がいる場合、その他の部位にも感染することがあるため、その他の部位に感染しないように注意するようにしましょう。自分以外の家族を感染させないためにも早期発見、早期治療が大切なのです。