爪水虫になった場合の対処法とは? 

爪水虫とは?

爪水虫とは、爪に発症する水虫のことです。カビの一種である白癬菌が爪に感染することで発症します。爪がにごる、厚くなる、変形する、ボロボロになる、といった症状があれば、爪水虫の可能性があります。皮膚科医に相談しましょう。

爪水虫の治療は必要?

初期のころは「痛い」「痒い」といった自覚症状がないため、爪水虫が発症しても放置されがちです。しかし、患部から別の部位に感染が広がったり、同居する家族にもスリッパやマットなどを介して感染させてしまったり、爪水虫に感染するとてもやっかいです。自分だけの問題ではないため、早めに治療を受けましょう。

爪水虫の治療法とは?

爪水虫を疑う症状がある場合は、皮膚科医の診察、診断を受け、治療をしましょう。爪水虫が疑われる場合、肉眼だけではなく、必ず顕微鏡で検査が行われます。

治療は、内服薬による治療が一般的です。内服薬は、長時間、爪の中に留まり、爪の奥に侵入した白癬菌を死滅させることができる点で効果的です。内服薬のラミシール錠、イトリゾール錠の有効性は9割になります。

爪水虫に外用薬は使えないの?

外用薬は、全く効果がないわけではありませんが、爪の奥には届かないため、あまり効果的ではありません。そのため、内服薬を服用し、体の内側から白癬菌を取り除きます。

内服薬が使えない場合は?

爪水虫は、内服薬による治療が基本です。しかし、肝臓機能に異常がある場合など、副作用が現れることがあるため、内服薬が使えないケースもあります。その場合、レーザー治療も可能です。1ヶ月に1回の頻度で治療を受け、1回20分~30分程度の時間が必要です。

治療期間は?

爪の生え変わりには、半年から1年の期間を要し、完治にもそのくらいの時間が必要です。治療は辛抱強く進めましょう。

日常生活での注意事項とは?

白癬菌を繁殖させないように、患部を石鹸で洗い、靴下は交換し、いつも清潔を心がけましょう。また、足が蒸れると、白癬菌が増殖しやすくなるため、足を乾燥させるように気を付けましょう。

靴は、3足ほど用意し、毎日変えるようにしましょう。抗菌性のあるヒバ性のインソールを使うのもよいでしょう。

同居する家族に、白癬菌を感染させないため、スリッパや足ふきなどの共有は避けましょう。

爪水虫まとめ

爪水虫は、爪に発症する水虫のことです。感染すると、他の部位に感染が広がったり、他の人を感染させてしまったり、大変なものです。皮膚科医に相談し、早めに治療をしましょう。

ある日、足の爪がボロボロになる恐怖 それが爪水虫

私が爪水虫になったのは、高校でテニス部に入部してハードな運動を始めてから発生しました。テニスはボールを追いかける動作が多いスポーツなので、全力で走って急に止まる動作を繰り返し行っていました。ある日、足の爪を切っていると親指の爪が前より分厚くなったように感じました。それだけではなく、爪の色もくすんだ茶色になっていることに気が付いたのです。

まさか、水虫だとは考えなかった私は、テニスで繰り返し行う動作が足の指先に負担をかけているから、足の爪が強くなろうと進化しようとしているのかな?と良いように解釈してしまったのです。また他の同級生より太り気味だったので、体重が重い分足にかかる負担も大きくなるんだなぁ・・と考えていました。

その後も、テニスを続けていくと足の爪の症状は悪化していきました。靴下を脱ぐたびに、分厚く横に凹凸ができて、色のおかしい足の爪をみると爪が悲鳴をあげているように感じました。
私は、爪が原因でテニスを続けられないかもしれないことが頭を過りました。当時は爪の悪化よりもテニスを続けられないかもしれない方がショックが大きかったです。

これ以上悪化しないことを願って、靴下を運動用の厚手の物にして騙し騙し部活を続けましたが、今、爪水虫で検索をすると初期状態がテニス部に所属していたときの自分の爪の状態だと分かったのです。そこで私は「何だ、運動の負荷が爪に影響していたのではなくて水虫が原因だったのか。しかし何故、爪水虫なんかになってしまったのだろう?」と疑問に思ったのです。いくら運動をしていたからといって、毎日お風呂に入っていたし毎日違う靴下を履いていたのに、何が悪かったのでしょうか。

調べてみると、湿気が高い場所で原因の菌が繁殖しやすいため、風呂場や夏場のスリッパに注意しないといけないということが分かりました。考えられる原因としては、運動を始めたのであれば足の爪のように凹凸のある個所は念入りに洗う必要があったということと、テニスコート用のテニスシューズを清潔に保っていなかったことが原因だと思います。2~3足くらいシューズを用意して、ローテーションで洗って靴に菌が繁殖するのを予防する工夫はするべきだったと反省しています。その後治療薬を探し求めてネットサーフィン。クリアネイルショット 2chを見て、当該商品を購入。少しづつ改善していっている現状です。

現在は、部活のようにハードな運動をすることはないので爪水虫に悩まされていないです。爪水虫は治るのに、とても時間がかかるそうです。そういえば、私の爪の変色が治ってきたのも1年後くらいだったと思います。治るのに長い時間をかけるより、日々の入浴タイムに念入りに足を洗ってみる方がラクではないでしょうか。具体的には、飲食店に衛生維持のために置かれている爪ブラシを用意して爪や足裏を念入りに洗ってみるのも良いと思います。

アルコールが原因の水虫って?

胸痛でもがき苦しんでいる人に出くわした時に最も必要なことは、キビキビした行動だと思われます。直ちに救急車を要請し、AEDが周囲にあれば心肺蘇生法に取り組むようにして下さい。
たくさんの女性が頭痛の種になっているのが片頭痛なんだそうです。消えることがない痛みは、心臓の鼓動に応じるように繰り返されることが多々あり、5時間から3日位断続するのが特性だとのことです。
自律神経失調症に関しては、生まれた時から敏感で、プレッシャーに弱い人が陥ってしまう病気だと言われています。ナイーブで、些細な事でも気に掛けたりするタイプがほとんどです。
インフルエンザウイルスに感染することで、発症する疾病がインフルエンザというわけです。関節痛や筋肉痛、高熱がなかなか下がらないなど、多様な症状が予定外に現れてきます。
身体の何処を見ても、異常はないと思っているけど、手・腕だけが浮腫んでいるという方は、血管狭窄が影響している循環器系の異常であるとか何らかの炎症が起こっているのでしょうね。
どうして虫垂炎に罹患するのかは、相変わらずパーフェクトには説明できないようなのですが、虫垂の内部に粘液や便などが詰まり、そこで細菌が増殖することで、急性炎症が生じる病気だという見解が大勢を占めます。
実際的には思いの外熟知されていないのですが、ぜんそくを看過していけないのは、生命が失われてしまう危険性のある疾病だと知られているからです。一年の間に、おおよそ2000人の罹患者が、ぜんそくの発作で終焉を迎えているそうです。
アルコールが誘因の肝障害は、一瞬で現れるものではないと言われます。だけど、何年も大量の酒を飲み続けていると、その量に匹敵するかのように、肝臓は負担を強いられることになります。
鼻水ばかりが出るという症状に苛まれていませんか?何もせず放っていると、更に悪化して合併症をもたらすことも想定されます。心配な症状が見受けられたら、クリニックなどにて足を運びましょう。
筋肉の過緊張とか頭部の血管が拡張したりすると、頭痛を起こすことが多々あります。更には心的な平静、生活状況なども影響して頭痛が発生します。
糖尿病については、常日頃から予防が欠かせないと言えます。それを実現するために、食するものを古くからの食事にスイッチしたり、無理のない運動をしてストレスをなくすようにしましょう。
糖尿病と言いますと、インスリン生成が困難な「1型糖尿病」もあると聞きます。こっちは自己免疫疾患だと言われていて、遺伝的な要因がそれなりに影響していると発表されています。
ちょっと前までは成人病とも呼ばれていた糖尿病とか高血圧などの既往症を持っていたりすると、その事がきっかけとなり脳卒中に進んでしまうこともあると聞きます。私達日本人の25%と言われている肥満もその可能性大です。
腹が張るのは、大体便秘あるいは腹部にガスが溜まるからだと言われます。こういった症状に見舞われる原因としては、胃腸が機能低下を起こしているからだとのことです。
突如足の親指をはじめとする関節が腫脹して、我慢できないほどの痛みがもたらされる痛風は、男の人達が主に罹る病気なんだそうです。発作が起きると、簡単には歩くこともできないほどの痛みが続くそうです。

動脈硬化と爪水虫の関連性

年寄りに関して、骨折が決定的なミスだと言われるのは、骨折したが為に体を動かさない期間が生まれてしまうことで、筋力がなくなり、寝たきり状態にならざるを得なくなる公算が大だと言われるからです。
区分けがつかない咳であろうと、就寝中にしきりに咳が出てしまう人、運動すると決まって突然に激しい咳に襲われる人、冬の間寒いところに出ると咳がしょっちゅう出るという人は、重病に陥っているかもしれません。
筋肉の過緊張とか頭部の血管の拡張がありますと、頭痛に繋がります。それに加えて心的な平静、生活状況次第でも頭痛を起こすことが多々あります。
適当なライフサイクルは、自律神経の秩序を乱す要因となり、立ちくらみにも結び付くのです。食べる時間や寝る時間なども毎日変わらないようにして、一日の行動パターンを保持しましょう。
高血圧になっていても、自覚症状はほぼありません。ただし、高血圧状態がずっと続くと、負荷が大きくなる血管であったり臓器には、想像以上の合併症が出現すると言われています。
人の身体は、個人個人で異なるものですが、徐々に年を積み重ねていくものですし、身体能力も衰退し、免疫力などもダウンして、これから先にいずれかの病気に襲われて死に至るというわけです。
今更ですが、「ホメオスタシス」がきちんと機能しないこともあるのです。そういった状況にある時に、病気からの回復をサポートしたり、原因を除去する為に、薬剤が提供されるというわけです。
お腹の辺りが膨張するのは、お胸便秘又はお腹にガスが蓄積されるからだと考えられます。こうした症状が現れる要因は、胃腸がきちんと機能していないからだと考えられています。
健康体だと言える人は、健康の大切さはわからないものです。健康の大切さにつきましては、病気に見舞われてやっと自覚することができるのでしょう。健康で過ごせるというのは、特にありがたいことではないでしょうか!?
痒みは皮膚の炎症がきっかけで出てくるものですが、心の状態も影響し、心配なことがあったり緊張状態が続いたりすると痒みが一段と増してきて、力任せに掻きむしると、更に酷くなります。
パーキンソン病の初期の段階で頻発するのが、手足の震えになります。それ以外には、体の硬直とか発声障害などに陥ることもあると聞きます。
体全体のどの部分にしても、異常はないと考えているけど、手や腕だけが腫れ上がっている人は、血管狭窄が元になる循環器系の異常、あるいは何らかの炎症を起こしているはずです。
健康診断の結果をチェックして、動脈硬化に陥る要素があるのかをはっきりさせ、良くない素因が見つかったら、出来るだけ早く日頃の生活を再点検し、良くなるようにご注意ください。
バセドウ病罹患者の90%位が女性陣で、50代の方に降りかかる病気だということと、うつ病で苦しむようになることから、更年期障害だと判定されてしますことが多々ある病気だと聞いています。
心筋梗塞は朝の時間帯に襲ってくることが多々あるので、ベッドから出たら、さしあたってグラス1杯ほどの水を摂りいれることを慣例にして、「眠っている間に濃くなってしまった血液を希釈する」ことが望ましいと言われます。

爪水虫と糖尿病の関連性

咳というと、気道付近に集積された痰を排出する役割を担っています。気道を構成する粘膜は、線毛と名付けられた微細な毛と、表面を覆う役目の粘液が存在し、粘膜をケアしていると言えます。
どんな時も笑顔で対処することは、健康を保持するためにも効果があります。ストレスの解消にとどまらず、病気治癒にも良い働きをするなど、笑顔にはにわかに信じがたい効果が期待できます。
特定保健用食品(トクホ)だけじゃなく、各種のサプリや栄養剤は、何もかも「食品」の中に含まれ、形態は同じでも薬と言うことはできません。
肺などにマズイ障害がない時でも、胸痛に襲われることがあり、胸痛は問題だという一般常識から、輪をかけて症状が強く出ることがあるらしいです。
個々の症状にマッチした薬を、先生が必要なだけの容量と期間を考慮して処方するという手順です。勝手に判断して、量を少なくしたり摂取そのものを止めたりせずに、言われたことを守って服用することが重要です。
脳卒中とは、脳に存在する血管が血液の塊で詰まったり、それが原因で破れたりする疾病の総称でございます。一定の種類に分類されますが、とりわけ多いと公表されているのが脳梗塞だとされています。
鼻で空気を吸えないという症状が継続していないでしょうか?何もせず放っていると、更に悪化して合併症に結び付いてしまうこともあるのです。引っかかる症状に苛まれたら、医者で検査を受けてみてください。
スポーツを楽しんで、たくさん汗をかいたといった場合は、しばらくの間尿酸値が上がるのが普通です。それで水分を入れてやらないと、血中の尿酸濃度が高い状態を保つことになり、痛風を引き起こしてしまいます。
糖尿病の影響で高血糖状況から抜け出ることができない人は、早速実効性のある血糖コントロールを講ずることが必要です。血糖値が安定すれば、糖分も尿に含まれることはなくなるはずです。
前触れなく足の親指というような関節が腫脹して、激しい痛みに見舞われる痛風は、男の人に多く見られる病気のようです。発作が現れますと、数日間は耐えられないほどの痛みが続くことになります。
糖尿病に関しては、平生から予防を意識することです。それを実現させるために、食するものを日本のトラディショナルな食事に入れ替えたり、心地よい運動をしてストレスを克服するように心掛けることが必要です。
心筋梗塞は朝の時間帯に襲ってくることが稀ではないので、起きましたら、先ずはグラス1杯程度の水分を飲むことを自己ルールにして、「就寝中に濃くなった血液を希釈する」ことが重要だと教えられました。
ガンという病気は、ヒトの体のあらゆる組織に発生する可能性があると考えられています。胃や大腸などの内臓は当然の事、血液や皮膚といった部分にできるガンも認められています。
急性腎不全のケースでは、正しい治療を行なってもらって、腎臓の機能をレベルダウンさせた素因を取り除いてしまうことが適うのなら、腎臓の機能も通常状態になると考えられます。
甲状腺に伴う疾病は、男女の罹患率に相当な開きが存在し、女性から見ると、バセドウ病などは男の人の5倍もあるそうです。それ故、甲状腺眼症につきましても女の人が気を付けて欲しい疾病だと言えます。

爪水虫の感染リスク

低血圧性の方は、脚または手指などの末梢部の血管の収縮力が弱まり、血液循環も悪化することがほとんどです。結局のところ、脳に送られる血液量も低減することになると聞いています。
鼻水が出るという症状に悩まされていませんか?放ったらかしにしているとなると、深刻化して合併症を生みだしてしまう危険も否めません。気掛かりな症状に襲われたら、専門クリニックで診てもらった方が良いでしょう。
健康だと自慢している人でも、身体が細菌にやられると、免疫力がグンと下降します。小さい時から身体が軟弱だったという方は、何はともあれうがいなどを意識してください。
膠原病と言うのは、各種の病気を表わす総称なんだそうです。病気ひとつひとつで、その病状又は治療方法も異なるわけですが、具体的には臓器の一部分である細胞の、おかしな免疫反応が元凶だろうと言われています。
胸痛に襲われている人を目にした時に要されるのは、フットワークの良い動きなのです。さっさと救急車の段取りをし、AEDにより心肺蘇生法を実践するべきです。
動物性脂肪を摂り過ぎてしまい、血管の壁に脂肪が蓄積することになり、徐々に血管を流れる血の巡りが悪くなり、脳梗塞に陥るという一連のプロセスが一般的だそうです。
脳疾患に襲われると、吐き気や耐えがたいほどの頭痛などの症状が、組み合わせのように現れ出ることが一般的です。いくらかでも心配だと言われる方は、病院で受診するようにすべきでしょうね。
くしゃみなどをする時は、手を利用して口と鼻を覆ってください。水飛沫を可能な限り拡がることがないようにする用心深さが、感染の抑止に繋がります。礼儀作法を忘れずに、感染症が拡がらないように努力すべきです。
痒みは皮膚の炎症などにより生まれますが、心理的な面も関係することが多く、心配事があったりプレッシャーを感じたりすると痒みがエスカレートし、爪で引っ掻くと、どうしようもなくなるくらい痒くなるらしいです。
睡眠障害につきましては、睡眠に纏わる疾病全体を多岐に亘って意味している医学的な言葉で、夜の睡眠が損なわれるもの、昼間に睡魔が襲って来るものもその一種です。
はっきり申し上げてあんまり認識されていませんが、ぜんそくを放置していけないのは、命を落としてしまうリスクのある病であることがはっきりしているからです。例年、およそ2000人の人が、ぜんそくの発作で生命を無くしているとのことです。
風邪を引いてしまった時に、栄養分を取り入れ、布団をかぶって静養したところ元気な状態に戻った、という経験をお持ちだと思います。これというのは、それぞれが誕生した時から持ち合わせている「自然治癒力」が働いているからです。
膠原病が女性の方に多く起きるのは、女性ホルモンと関係があるからだと考えられています。ではありますが、男の方が発症する事例が大部分であるという膠原病も存在しています。
胃がんに罹患すると、みぞおちのあたりに鈍痛が発生することが多いようです。大概のがんは、当初は症状が表に出ないことが少なくないので、見過ごしてしまう人が数多くいらっしゃるのです。
腹部周辺がパンパンになるのは、十中八九便秘であったりお腹の内部にガスが溜まるからです。このような症状が発生する誘因は、胃腸が十分に働いていないからなのです。

爪水虫も副交感神経を優位にしていれば・・・

胃又は腸の機能が酷くなる原因は、病気はもちろんですが、体調不良・加齢、そして、この他ではストレスです。その他、確実に原因だと想定されているのが、「暴飲暴食」だと聞いています。
薬品については、病気の症状を抑えたり、その原因を取り除いてしまうことで、自然治癒力を活性化させます。加えて、病気の感染予防などのために配られることもあり得るのです。
ALSと言いますと、筋萎縮性側索硬化症のことを示します。何故罹患してしまうのかは今のところ解明されていませんが、症状が出る年齢からすれば、神経に関する細胞の老化が影響を及ぼしている確率が高いと言う人が多いようです。
人の身体は、個々人で異なりますが、徐々に年を積み重ねていくものですし、運動機能も低下し、抵抗力などもレベルダウンして、これから先に一定の病気に罹患して天国へと行くわけです。
笑うことで副交感神経の働きが強まり、ストレスホルモンの分泌が少なくなることで、脳の温度が低下します。その反対に、ストレスが貯まりますと交感神経の作用が強くなり、脳の温度が上がると発表されています。
アルコールの摂り過ぎが要因の肝障害は、一気に現れるものではないと言われます。そうだとしても、長期間休むことなく暴飲していると、その量に比例するように、肝臓はダメージを受けるはずです。
くしゃみなどをする時は、ハンカチやティッシュを用いて口と鼻を覆うことが大事になります。水沫を極限まで拡げないようにする注意深さが、感染の拡大を防いでくれるはずです。礼節をわきまえて、感染症が発生しないようにしたいものです。
蓄膿症の疑いがある場合は、直ぐにでも医者に行くことが重要です。治療そのものは簡単ですので、いつもと違う色の鼻水が出てくるなど、変じゃないかと疑ったら、できる限り早く専門医にかかりましょう。
健康だけには自信があるとおっしゃる方でも、身体内が細菌でいっぱいになると、免疫力が想像以上に下がります。小さい時から身体が弱かった人は、絶対にうがいなどを意識してください。
近場の薬局などに行きますと、数えきれないくらいサプリメントが市販されていますが、必要とされる成分は一人一人異なるはずです。あなた自身は、自らに欠乏している成分要素をご存知ですか?
最近は医療技術も大きく前進して、早い段階で治療をスタートさせれば、腎臓のメカニズムのパワーダウンを差し止めたり、遅らせたりすることができるようになったと言われています。
体の何処にも、異常は感じられないのに、手だけが膨張しているという人は、血管狭窄がもたらす循環器系の異常、または何かしらの炎症が起こっているのでしょうね。
物が歪に見えてしまう白内障または加齢黄斑変性など、総じて年齢が原因だと指摘される目の病気は各種ありますが、女性の人に頻繁に生じるのが甲状腺眼症だということです。
心筋梗塞は明け方に起きることがほとんどなので、目覚めましたら、直ぐに200CCほどの水を体内に入れることにして、「眠っている間に濃くなってしまった血液を希釈する」ことが良いと考えられています。
健康な間は、健康の大切さを考えることは少ないと思います。健康の大切さについては、病気に見舞われて初めてわかるようになるのでしょうね。健康でいられるというのは、格別に素晴らしいことだと感じます。

爪水虫は自然治癒する?

ノロウイルスが誘因の感染性胃腸炎は、いつも見受けられるようですが、特に冬の時季に見られることが多い症例だと言えます。食物を通じて経口感染するのが大半で、人間の腸でその数を増やすのです。
自律神経とは、あなたの考えに制約されることなく、自然と体全体の機能を一定に保つ神経で、「自律神経失調症」と呼称されるのは、その働きが劣悪化する病気です。
少子高齢化の影響で、なお一層介護に関係する人が足りていない我が日本において、この先なお一層パーキンソン病患者が増え続けていくというのは、根深いテーマになってくるでしょうね。
現況では、膠原病については遺伝しないと指摘されていて、遺伝を決定付けるようなものも見つかっていません。しかしながら、元来膠原病になる可能性の高い人が存在するというのも事実なのです。
薬剤そのものは、病気で痛む所を鎮静したり、その原因を排除してしまうことで、自然治癒力を活性化させます。しかも、病気の流行対策などのために提供されることもあると聞きます。
蓄膿症だと思ったら、直ぐに医者に行くことが肝要です。治療は長期に及ぶものではないので、普段と異なる鼻水が生じるなど、おかしいと思うようなら、速やかに診察してもらいましょう。
「おくすり手帳」につきましては、各自がこれまで使って来た薬を確認できるように管理することを狙った「ノート」でございます。医療用医薬品にとどまらず、街中で買った一般用医薬品名と、その使用履歴などを記録しておくわけです。
適当なライフサイクルは、自律神経の機能を錯乱する要素となり、立ちくらみを発生させます。お食事や眠りに就く時刻なども決めておくようにして、ライフパターンを保持しましょう。
動脈は年齢に比例して老化し、着実に弾力性が欠落してきて、硬くなるというのが現状なのです。端的に言えば、動脈硬化は老化現象だと断定してもいいのでしょうが、その進展度合いは個人個人で全然違うと言われます。
良い睡眠環境、正常な必須栄養成分の入った食生活が基本だということです。程良い運動は、新陳代謝機能や呼吸・循環器系機能を高めることになり、ストレスも少なくしてくれます。
自律神経失調症と言いますのは、誕生した時から多情多感で、プレッシャーに弱い人が罹患してしまう病気だと聞きます。鋭敏で、問題にならない事でも胸を痛めたりするタイプがほとんどだとのことです。
風邪で寝込んだときに、栄養を摂取し、体温が下がらない工夫をして休養しますと恢復した、という経験はないですか?このことは、個々人が元々備わっている「自然治癒力」の賜物です
ガンというのは、全身の様々な場所に発生する可能性があるそうです。肺や大腸といった内臓以外に、血液や皮膚といった部分に発症するガンも存在します。
動物性脂肪を口に入れることが多く、血管の壁に脂肪がたまるようになって、徐々に血管内の血流が悪くなり、脳梗塞を発症するという一連の流れが多いらしいです。
疲労というと、痛みと発熱をプラスして、生体の三大警鐘等と比喩され、多様な病気に現れる症状です。そんなわけで、疲労を痛感する病気は、とんでもない数にのぼると指摘されています。

冬場も危険!こたつは水虫が好む環境!

足の爪は手の爪に比べて伸びるのが3倍遅いと言われており、爪水虫を発症すると治療に時間がかかりとても厄介な病気です。爪水虫はかからないことに越したことはありません。日常生活の中で予防していくようにしましょう。

水虫の原因のひとつに足の汗があげられます。白癬菌は湿った足の指にできやすく、足が湿気や汗にさらされる夏は特に水虫にかかりやすい季節といえます。またプールや浴室を使用する機会が増えることによって感染症にかかる可能性も増加します。水虫は湿気で簡単に増殖しますので、この季節はプールのマット、ジムのシャワールームなど水虫に感染する危険がいっぱいです。こういった誰もが裸足で歩く場所はなるべく裸足にならないようにすることも予防に繋がります。そしてシャワーを浴びた後は足が濡れていたり、汗をかいていたらしっかり乾かすようにしましょう。夏場は水虫にかかりやすい季節です。特に爪水虫は爪の色が変わってからしか気づくことができず、爪水虫かな?と思った時にはすでに爪全体に変色してしまい治療に長期間かかるということになります。完治までに時間がかかるため、爪や足の指を普段から注意深く見ることでその変化に気付けるようにすることも大切です。また家族の誰かが水虫を患っている場合も、ちょっとでも指や爪に変化が現れたら病院を受診するようにしましょう。何事も早期発見、早期治療が重要です。

また冬場も安心してはいけません。よくブーツを履く女性を中心に水虫が広がっているとニュースで聞いたことがあります。確かにブーツの中は白癬菌が好むような湿気や汗があり、菌が増殖しやすい環境と言えます。しかしブーツ以外にも危険な場所があるのです。それはこたつです。こたつって温かくて毎日ぬくぬくと入っているけど、なかなか掃除ってしていないもので、菌が好む環境なのです。また中は高温多湿。一緒にこたつの中に入っている人の中に水虫の人がいれば、さらに足が触れることで感染してしまいます。

冬場は水虫になりにくいと思われがちですが、こたつを最低でも週1回掃除するようにしましょう

。家族に水虫患者がいる場合は、薬を塗って靴下を履いてもらうと感染しませんので安心してくださいね。

水虫は一度感染してしまうと完治するまで、再発を繰り返してしまいます。家族に移す可能性もあるため、根気強く治療をすることが大切です。完治するまで家族に協力してもらいうつさない環境つくりを徹底しましょう。